黒糖抹茶青汁寒天ジュレはマズイ?実際に食べてみた感想

年齢を重ねるとともに体が疲れやすく、肌荒れや便秘に悩まされるようになったので、健康と美容を維持するために「青汁」を買ってみました。

 

ところが思っていた以上にマズイ!!
私は野菜が大好きですが、青汁特有の青臭さを好きになる事は出来ませんでした。

 

そこで、友人から勧められた青汁が苦手な人でも、美味しく食べる事ができると話題の「黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」を購入してみました。

 

本当に美味しいの?と半信半疑だった私ですが、口コミ通りの美味しさに驚きました!
毎日食べ続けた結果、便秘が解消されて体がスッキリ♪
仕事が忙しくても疲れにくくなり、青汁のパワーをやっと体感する事ができました。

 

 

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレの見た目は、粉末タイプの青汁と変わないスティックタイプのジュレなので、とてもコンパクトで、バッグに入れてもかさばる事はありません。切り込みが入ってるので、簡単に袋を開けることができます。食べたい時にサッと食べられるので、ストレスフリーで健康生活を続けられます。

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレを美味しく食べる方法

 

 

まずは、常温で黒糖抹茶青汁寒天ジュレを食べてみました。袋から出してみると寒天ジュレがプルプルとしているので、まるで水ようかんのような見た目ですが、実際に食べてみると歯ごたえも水ようかんのようでした。

 

黒糖抹茶青汁という事で、口の中にはお茶の風味が広がります。粉末青汁とは違い、甘みがあるので本当にデザートを食べているかのような味わいです。ほんのりとした黒糖の甘みに加え、グレープフルーツの爽やかな酸味を組み合わせた味に仕上がっているので、甘すぎずサッパリとしています。

 

ちゅるんと食べられるので、時間がない時でも直ぐに食べきる事ができます。
抹茶の苦みが少しありますが、濃い緑茶が飲める人なら気にならない苦みです。

 

 

こちらは、冷蔵庫で冷やした黒糖抹茶青汁寒天ジュレです。見た目は常温の時とほとんど変わりません。冷蔵庫で冷たくすると酸味が強くなるので、爽やかな味わいになります。ゼリーを食べているような味わいなので、夏の暑い時期は冷たくして楽しむのもおすすめです。歯ごたえは常温の時と変わらないので、体を冷やしたくない方は常温で食べるようにしましょう。

 

 

こちらは冷凍庫で冷やした黒糖抹茶青汁寒天ジュレです。冷凍庫で冷やすとアイスのようにシャーベット状になると思っていたのですが、冷凍庫に入れてもプルンとした食感が残っていました。少しだけ凍っている部分もあるので、冷たくて美味しかったです。冷凍庫に保存すると常温の時よりも抹茶の苦みが少なくなるので、苦みが気になる方は冷やして食べてみてください。

 

「常温・冷蔵・冷凍」の3つの食べ方に挑戦してみましたが、いずれも美味しく食べる事ができました。同じものを食べ続けるのは飽きやすいので、季節や気分に合わせて変化を付ける事で、続けやすくなると思います。

 

飲む青汁VS青汁寒天ジュレどっちが健康的?

 

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、食物繊維、カルシウム、鉄などが含まれ、青汁の原料として人気のクマイザサの粉末を使用しています。また、40種類の植物エキスやお米由来の乳酸菌を配合し、美容と健康維持に必要な栄養素がたっぷりと含まれています。

 

飲むタイプの青汁の方が栄養価に優れていますが、美味しくない青汁を頑張って飲むよりも、寒天ジュレの方が圧倒的に簡単で美味しく食べられました。青汁は継続する事がポイントになるので、マズイ青汁で続けられない人にとっては寒天ジュレを食べる方が健康的です。

 

 

今なら初めての方限定で、通常価格4,320円が特別価格2,160円!
50%OFFでの販売をしているので、お得なチャンスを利用して、本当に美味しい青汁のパワーを体感してみてください。